時代にあった本物だけを取り揃えたセレクトショップ

RSS
Email:shopmaster@threewood.jp(メール注文も可)
We accept questions and orders in English by Email.
弊社の名を語る悪質海外サイト等にご注意くださいませ
▲THREE WOOD 25周年企画開催!!
▲お宝発見!!2016年サマーセールを開催中!!
▲RED WING 2016年春夏新作、まさにアメリカ的オックスフォードブーツ!!"Mil-1"好評発売中!!
▲VASSER 新作コレクション
▲230年以上継承された技術が詰まったサンダル"BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)"取り扱い開始!!
▲誰もが認めたこの一足"MRL996 AG"!! ▲進化し続けるスニーカー"ASICS Tiger"
▲"MINNETONKA"といえばモカシン!! ▲メキシコ職人、魂の力作!!"DEEOHS(ディオス)"
▲アウトドアにピッタリ"KEEN" ▲夏の足元にはこちらもオススメ"Chubasco"
▲ストリート&カルチャーファッション"Dr.Martens" ▲トレーニングに最適、さあ走りに行こう"ナイキ"!!
▲最高峰日本製革鞄"aniary" ▲幸運を釣り上げるフック"gancho ガンチョ"!!
HOME > George Cox(ジョージコックス)

ジョージコックス社は、1906年、創業者ジョージ・ジェイムス・コックスによってイギリスノーザンプトンに設立されました。
今から100年も前の話です。
 ノーザンプトンは、イギリス靴産業の中心地で、ジョージコックス社も又、この地で高い評価を受け、その後1949年、長男であったジョージ・ハミルトン・コックスが、創業者ジョージ・ジェイムス・コックスの遺志を継ぎ、社長に就任します。

1972年に入ると、ヴィヴィアン・ウエストウッドがレット・イット・ロックと云う当時の若者向けのショップを、キングス・ロードにオープンさせ、ジョージコックス社製のラバーソールの販売を始めます。 

その後、セックス・ピストルズやクラッシュ等、数々のロックバンドのメンバーに支持され、80年代のロカビリーブームの時も、やはり若者の足元を飾っていたのはジョージコックス社製の靴でした。

ジョージコックス社では、1973年〜1995年の間、ドクターマーチンソールを使用したモデルを生産するなど常に時代の最先端を先取りし、個性的な靴を作り続けていながら、尚かつ靴作りの基本を見失わない。又決して、大量生産を望まないと云う企業姿勢を守り続けています。

創業より100年を越える今日に於いても尚、個性やオリジナリティを大切にしようとする若者に、指示され続けている理由がそこにあるのです。
この精神は3代目の社長であるノーマン・ウォーターフィールドから、4代目のアダム・ウォーターフィールドへと、現代に至るまで脈々と引き継がれているのです。
そしてこの精神が靴に込められてるからこそ、ジョージコックス社製の靴が、その次代の若者の心を魅了して止まないのです。

3588一覧


3705一覧


スニーカー一覧


その他一覧

商品一覧

在庫:
並び順:

説明付き / 写真のみ

1件〜40件 (全56件)  1/2ページ
1 2 次へ  最後へ

1件〜40件 (全56件)  1/2ページ
1 2 次へ  最後へ